忍者ブログ
世の中で出会う様々なこと、それは偶然なんかじゃない。                                                            どんなにつらいことも、今の私に必要だから訪れることなのだ。                                                                                                                                                   例え、                                                                                                      月を見たいと思ったときに限って、雲がかかっていたって                                                           花を見上げたときに風が花弁を散らしたって                                                                                                  悪いことばかりなんて続かない。                                                                                                                                                   明けない夜が無いように、幸せは悲しみと背中合わせ。                                                                                                  決して切り離せないんだ。                                                                                                  逆に言うなら、良い事ばかりなんて続かない。                                                                                                  世の中そんなに甘くない!                                                
カレンダー
10 2017/11 12
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
プロフィール
HN:
緋桜 玖流栖
年齢:
34
性別:
女性
誕生日:
1983/09/24
趣味:
折り紙 読書 ゲーム       寝る 創作 妄想
自己紹介:
  随分と気紛れなのですが、
 頑張って、書けるときは書こう
 と思っています。

  継続は力なり!
フリーエリア
最新CM
(03/28)
(03/24)
(03/22)
(03/22)
(03/21)
最新TB
QRコード
ブログ内検索
[1]  [2]  [3]  [4]  [5]  [6]  [7]  [8]  [9]  [10]  [11
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

時の流れは人それぞれ。
その時の気分によっては、早くも遅くも感じる。

でも、刻んでるタイミングは皆同じ。
そこで、持て余すくらいゆとりがあるのが良いのか
それとも、退屈や寂しさなんて感じる余裕も無いくらい
忙しい方が良いのか、考えてしまう。

有意義って、周りの人には絶対に判断できない。
個人の流れを人の判断で暇人とか、忙しい人とか判断できないよね。
PR
友達に、海へ行こうと誘われた。

……お盆に海…?


海へ逝こうか?


最初はそこまで考えなかったが、何故か乗り気になれずに断っていた。

その後、小学校からの友達に近所の祭りに誘われる。

屋台もでる花火ということだ。
今年は私自身で新しい浴衣を買ったが、母も浴衣を入手していた。
しかも、黒に菊の柄の私好みの浴衣…。

これは借りるしかない!

私と母の身長は15cmも違うが、特に問題もなく着れた。
やったぁ♪

新しい結びかたを覚えた母に白い帯を締めてもらったが、黒に白では完璧に喪の色だけど?
と思ったりもしたが、出来上がって見れば、これもなかなかである。

仕上げにお気に入りの簪を刺し、巾着を持ったら出来上がり♪

さて、出掛けるかな。
夏といえば、うだるような暑さ。
暑いのは大嫌いだが、汗も流れないような気温の中、冷房に当たり続けるのは何か違う気がするわけで…。

確かに東京の暑さは、肌にまとわりついては焼ける質の悪い暑さだ。
けれど、夏である以上暑さを感じることも大事なのではないだろうか。

……難しい、わがままなのだが。
言葉とはとても不思議なものだと思う。
とても些細な一言が相手を天国へも地獄へも誘う。

貴方の言葉は大丈夫?

私は表現を間違えていない?

本当は相手を喜ばせよう、励まそうと言った言葉が
全く逆で、相手を苦しめてることもある。

私はそんなとき、

  行き違いである、悪意は無い

と分かっていながら、何も言うことが出来なくなってしまう。


たかが一言、されど大きな・・・一言。
イチゴ、メロン、レモン、ブルーハワイ。
定番と言えば、この辺りですよね。

アイスがちょっと重いと感じた時、かき氷は重宝しますよね。
我が家では、小学校くらいの時に
かき氷の機械を買ってきて作ってました。

シロップは基本「イチゴ」と「メロン」でしたが、
たまにブドウジュースとかかけてました。

自分で作るのは意外と楽しいです。
今でもあるかなぁ・・・ちょっと探してみたいと思った
今日この頃でした。
忍者ブログ [PR]