忍者ブログ
世の中で出会う様々なこと、それは偶然なんかじゃない。                                                            どんなにつらいことも、今の私に必要だから訪れることなのだ。                                                                                                                                                   例え、                                                                                                      月を見たいと思ったときに限って、雲がかかっていたって                                                           花を見上げたときに風が花弁を散らしたって                                                                                                  悪いことばかりなんて続かない。                                                                                                                                                   明けない夜が無いように、幸せは悲しみと背中合わせ。                                                                                                  決して切り離せないんだ。                                                                                                  逆に言うなら、良い事ばかりなんて続かない。                                                                                                  世の中そんなに甘くない!                                                
カレンダー
05 2017/06 07
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
プロフィール
HN:
緋桜 玖流栖
年齢:
33
性別:
女性
誕生日:
1983/09/24
趣味:
折り紙 読書 ゲーム       寝る 創作 妄想
自己紹介:
  随分と気紛れなのですが、
 頑張って、書けるときは書こう
 と思っています。

  継続は力なり!
フリーエリア
最新CM
(03/28)
(03/24)
(03/22)
(03/22)
(03/21)
最新TB
QRコード
ブログ内検索
[42]  [41]  [40]  [39]  [38]  [35]  [34]  [32]  [31]  [30]  [29
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。


今日は、浴衣とか着てみました。

何故かって?

花火大会です♪


去年行った板橋の花火は、確かに数は凄かった。
派手で解説アナウンスまで入る会場。
屋台も、きちんとしていたし、人込みに皆が慣れていた。
駅もそこまで酷いことにはならなかったし。

しかし、そこには物語が無かった。

花火って、ただ大きければ良いのか? 珍しいものなら良いのか?

いや、違う。
洗練されたセンスだと思うのだ。

どの流れで何色の、どのくらいの大きさの花火を上げるか。
それは、花火の魅力を最大に引き出すタイミングで無くてはいけない。
私は去年、その感動を味わえなかった。

東京の沢山人が集まる大会は、派手ならば細かいところはどうでも良いのだろうか?

しかし、今年の花火は違った。
私は自然と笑顔がこみ上げた。

西武園の近くに住んでいる私は、見ようと思えば毎週でも見ることが出来る。
しかも、西武園はなかなか良いストーリーを展開してくれるのだ。
小さい頃、毎年少し高い開けたところまで出て見たものは、
胸の奥にズシンと来るものがあった。

評論家ではないから、専門的にどうとかはわからない。
けど、何でも良いと見ているわけでもなかったりする。
実は理屈屋なのだなぁと、新しい自分を発見したのであった。
PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
忍者ブログ [PR]