忍者ブログ
世の中で出会う様々なこと、それは偶然なんかじゃない。                                                            どんなにつらいことも、今の私に必要だから訪れることなのだ。                                                                                                                                                   例え、                                                                                                      月を見たいと思ったときに限って、雲がかかっていたって                                                           花を見上げたときに風が花弁を散らしたって                                                                                                  悪いことばかりなんて続かない。                                                                                                                                                   明けない夜が無いように、幸せは悲しみと背中合わせ。                                                                                                  決して切り離せないんだ。                                                                                                  逆に言うなら、良い事ばかりなんて続かない。                                                                                                  世の中そんなに甘くない!                                                
カレンダー
10 2017/11 12
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
プロフィール
HN:
緋桜 玖流栖
年齢:
34
性別:
女性
誕生日:
1983/09/24
趣味:
折り紙 読書 ゲーム       寝る 創作 妄想
自己紹介:
  随分と気紛れなのですが、
 頑張って、書けるときは書こう
 と思っています。

  継続は力なり!
フリーエリア
最新CM
(03/28)
(03/24)
(03/22)
(03/22)
(03/21)
最新TB
QRコード
ブログ内検索
[19]  [18]  [17]  [16]  [15]  [14]  [13]  [12]  [11]  [10]  [9
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

今日は朝からバイトに出かけたものの、早々に帰ってきた。
それというのも数年前からハマリまくっていた「まるマシリーズ」のアニメ、
通称マニメが見たかったからだ。

小説でハマったのをはじめ、漫画までしっかり買っている私だが
実を言うとアニメはあまり好んでいなかった。
イラスト的な問題が大きいのだが、内容を知っているからというのもある。

しかし折角手近にあるので、見てみるか…と思ったら最後!
楽しかったです。

そして、迂闊にも最終話では涙があふれてしまった。


「最近のアニメは・・・」

なんて言葉たまに聞くけど、案外見てみると良いものだ。

ストーリーが存在すること、それは誰かの思いがあること。
くだらない、つまらないと言うのは簡単だ。
けれど、作品のメッセージはよほどのこと以外は
どんな話にもあるだろう。

例えどんなに些細な感動でも、心を動かされる感受性を持つこと。
いや、持ち続けることが大事なのだと思う。

私は何時までも持ち続けていたい。
そう思った一日でした。
PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
忍者ブログ [PR]