忍者ブログ
世の中で出会う様々なこと、それは偶然なんかじゃない。                                                            どんなにつらいことも、今の私に必要だから訪れることなのだ。                                                                                                                                                   例え、                                                                                                      月を見たいと思ったときに限って、雲がかかっていたって                                                           花を見上げたときに風が花弁を散らしたって                                                                                                  悪いことばかりなんて続かない。                                                                                                                                                   明けない夜が無いように、幸せは悲しみと背中合わせ。                                                                                                  決して切り離せないんだ。                                                                                                  逆に言うなら、良い事ばかりなんて続かない。                                                                                                  世の中そんなに甘くない!                                                
カレンダー
04 2017/05 06
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
プロフィール
HN:
緋桜 玖流栖
年齢:
33
性別:
女性
誕生日:
1983/09/24
趣味:
折り紙 読書 ゲーム       寝る 創作 妄想
自己紹介:
  随分と気紛れなのですが、
 頑張って、書けるときは書こう
 と思っています。

  継続は力なり!
フリーエリア
最新CM
(03/28)
(03/24)
(03/22)
(03/22)
(03/21)
最新TB
QRコード
ブログ内検索
[68]  [67]  [66]  [65]  [64]  [63]  [62]  [61]  [60]  [59]  [58
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

変な電話がかかってきた。
関西の人で、雑誌の勧誘だかなんか。

「初めてかけます」から始まり、云々喋り出す。

いつもなら、何と無く流されて聞いている私だが、舞台のために潰れた喉が辛すぎてそれどころではない。

まずさ……普通なら、「今、お時間ありますか?」くらいきくだろ?

そう言われてたら、流されて聞いていたかもしれない。

でも、アイツは聞かなかった。

「10分で終わるんで」と言われて「今時間無いんです」って答えることだってあるじゃん?

実際、そのとき忙しかったし。

なのに
「あ~、じゃ5分! 3分!!」
って……バカ?


「かけなおすんで…」くらい言えないのか!?

喉が痛いのに3回は同じセリフ言わされましたよ。

しまいには、一人でヒートしてらしたので切ってやりました。

かなり気の長い、騙されやすい私が、久々に うぜぇ と思った瞬間でした。
PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
忍者ブログ [PR]